箕面の森と虫のミュージアム

昆虫館

文字の大きさ
標準
拡大

音声読上げについて

箕面公園昆虫館 › 箕面公園昆虫館の歴史

箕面公園昆虫館の歴史

昆虫を広く紹介するため、1953年(昭和28年)に「みのお観光博覧会」の開催時に開園。(木造1階)
かつて箕面の森は、東京の高尾、京都の貴船と並び「日本三大昆虫宝庫」と称され、明治初期から国内外の
昆虫学者が活躍し、数々の新種が発見されました。
旧木造昆虫館
旧箕面公園昆虫館の建屋

1981年(昭和56年)、RC造2階に建て替え。このとき放蝶温室が増設されました。
1992年(平成4年)、放蝶園が完成しました。旧管理棟写真
1981年(昭和56年)、建て替えの建屋(現在の管理棟:公園管理事務所)

現在の昆虫館
現在の昆虫館